昨日の暮らしより今日を豊かに

断捨離、シンプルライフ、ライフハック、ライフヒントを発信中。

断捨離のヒント~ポッキーから学ぶ「シェアハピ」~

f:id:makolife:20180712143615j:plain

 

こんにちは、まこです。

 

みなさん、ポッキーはご存知でしょうか。

グリコから発売されている日本を代表するお菓子ですね。

子どもがいらっしゃる人のみならず、大人になってからも自分で買ったことある・食べたことあるという方は多いと思います。

 

私のお友達の誕生日でもある (笑)「ポッキーの日」として有名な11月11日にとどまらず、オールシーズン、誰かと一緒にお菓子をシェアして食べたいときや少し小腹がすいたときなど、ポッキーでまかなえる場面は多くあります(余談ですがシェアというとパピコとかもでてきますね!)。

 

しかし、ポッキーにはその美味しさや手軽さだけではなく、断捨離のためのヒントが隠されているのです。

 

今回は、そんなちょっと変わった視点から断捨離のヒントをご紹介していきたいと思います。

 

  

「シェアハピ」という考え方

f:id:makolife:20180625112015j:plain

 

 

「シェアハピ」とは、「Share Happiness」の略語です。

「幸せを分かち合う」という意味になりますが、この言葉はポッキーのキャッチフレーズとなっています(実際いろいろな広告でシェアハピという言葉が出てきます!)。

 

普通に素敵な言葉で、素敵な考え方なのですが、実はこの「シェアハピ」の考え方は断捨離にも活用できるものなのです!

 

簡単に言ってしまえば、周りに自分から幸せを与えて広めていくことで、幸せを分かち合うことができ、自分も幸せになれるというものです。

 

与える幸せとは?

 

では、与える幸せとは何でしょうか? 少し考えてみましょう。

 

そもそもみなさんはどういったときに幸せを感じるでしょうか?

 

たとえば、

カフェでコーヒーを飲みながら本を読むとき

大切な人からサプライズをしてもらったとき

旅行先で綺麗な夕日を見たときなどなど。

 

日常の中で幸せと思える瞬間はみなさんにも必ずあるはずです。

 

そして、その幸せを誰かに伝えたい!と思うことはありませんか?

Twitter,Instagram,FacebookなどのSNSに写真や言葉であげてみたり、子どもや仲の良い人に直接話してみたりととにかく楽しい話、うれしい話をシェアしたいと思うことは自然なことです。

そして、それを見聞きした人もどこか幸せな気分になれる。

 

これらの心理は、純粋にあった出来事を周りと共有したいという気持ちだけではなく、共有することで共有する人の気持ちもハッピーにしてあげたいという思いが隠れています。

 

この関係が成り立つと、かかわった人全員が幸せになれます。

 

あなたが何か面白いモノや楽しい出来事に触れたとき、幸せを感じます。

その幸せを周りにも共有したいという気持ちが生まれて共有します。

すると共有してもらった人が幸せな気持ちになります。

そして共有したあなた自身もその様子を見てまた幸せになれます。

 

このように、あなたが経験した幸せな出来事は、あなた以外の人に与えることで幸せをどんどん増やしていくことができるのです。

 

モノを与えて幸せになれる

f:id:makolife:20180621150118j:plain

さて、この心理の法則は決して体験や経験に限るわけではありません。

モノも、誰かへ与えることによって幸せを分かち合うことができます。

モノをもらった人は、あなたからモノと気持ちを受け取ることで幸せになります。

そしてあなた自信も感謝の気持ちを受け取ることで幸せになることができます。

 

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント、バレンタインやホワイトデーのプレゼントが、とても感動的な時間になるのは、どちらもが幸せを感じることができているからこそです。

 

ここで断捨離について、振り返ってみましょう。

断捨離とは「モノを捨てること」ではありません。

正確にはモノを捨てても果たされることではありますが、モノを必ず捨てなければいけないということではないのです。

 

あなたがモノを手放すときに、誰かそのモノを欲しいと思う人がいれば、プレゼントすることだってできるのです。

 

確かにモノを手放すときにはつらい気持ちが芽生えるのも事実です。

特に大切に使っていたモノであればあるほど、愛着もあるので躊躇してしまうでしょう。

ですが、「捨てる」ではなく、「あげる」であれば、名残惜しい気持ちも薄れるのではないでしょうか?

 

まずは与えてみることから始めてみる

 

f:id:makolife:20180705105049j:plain

 

まず、あなたが持っているモノを誰かにプレゼントしてみることから断捨離を始めてみましょう。

 

モノを誰かにプレゼントすることで、断捨離が生活に浸透するスッキリ感や達成感だけではなく、プレゼントした相手が喜ぶ瞬間にも立ち会うことができます。

 

相手が欲しいモノをあげることが大切です。あなたが大切にしているモノを無理にあげる必要は決してないのです。

 

またその相手が知り合いである必要もありません。今は、メルカリやヤフオクなどインターネットを通じて、個人同士がモノの売り買いを簡単にできる時代です。

 

単純にモノを捨てることに抵抗感があって、実践できていない人は視点を変えてみても良いのではないでしょうか?

 

おわりに

今回は、「断捨離のヒント~ポッキーから学ぶ「シェアハピ」~」と題して、身の回りから断捨離のヒントは得られるということをお伝えいたしました。

 

それにしても「シェアハピ」って良い言葉ですよね。

ブログの記事を書きながら、あらためてしみじみ思ってしまいました。笑

 

私のこのブログ記事もみなさんに「与える」ということができているでしょうか?

このブログを通して、私もシェアハピできるように頑張っていきますのでどうぞ応援よろしくお願いいたします!

 

みなさまのおかげで毎日少しずつではありますがランキング上位にこのブログが乗り始めました!

どうぞ下のボタンをひとつずつ押して、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ