昨日の暮らしより今日を豊かに

断捨離、シンプルライフ、ライフハック、ライフヒントを発信中。

完璧主義と断捨離の相性は悪いかもしれない3つの理由

 f:id:makolife:20180711111525j:plain

 

こんにちは、まこです。

 

今回は、完璧主義と断捨離の関係性についてです。

 

きっとみなさんの多くは、断捨離やシンプルライフ、ミニマリズムといった言葉を聞くと「きっとストイックな人がやっているんだろう」とか「完璧主義な人しかできないだろう」といったイメージが先行しているのではないかと思います。

 

ですが、私は「断捨離」と「完璧主義」の相性はそんなに良くないのでは、むしろ悪いのではないか?と思っているので、そのあたりの理由をまとめてお話ししたいと思います。

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

1.断捨離は最初から完全にはできない

 

f:id:makolife:20180711111540j:plain

 

1つめの理由は、「断捨離は最初から完全にはできない」ことです。

実際に片付けや断捨離をやったことがある人は分かると思うのですが、めちゃめちゃ時間がかかる上に、体力的にも消耗が激しいです。

 

だから、「まとまった時間が取れる時、かつ自分の体力に余裕があるとき」と考えがちです。家族や子どもがいる人は邪魔をされないようにと考えるため、「家に自分しかいないとき」などさらに条件がつくかもしれませんね。

 

ですが、なかなかそんな機会は訪れません。そのため気が付けば先延ばしにされていってしまいます。

 

また一気に断捨離を行うこともなかなか難しいです。何が必要なモノで何がいらないモノなのかを見極めるためには自分自身の好みや嗜好を考えなければいけません。

 

つまり一朝一夕ではできないのです。

それこそ「家ごと全部捨てる」みたいな荒業(というか絶対に無理)をしないと達成されないでしょう。

 

つまり私が過去の記事でも繰り返しているように、「毎日少しずつできる範囲から」という考え方が必要なのです。

 

まずは自分に近いところから、ある意味無計画に手を付けて始めてみるというのを時には大切なのかもしれませんね。

 

2.細部にこだわるあまり全体を見落としがちになる

 

f:id:makolife:20180711111554j:plain

 

2つめの理由は、「細部にこだわるあまり全体を見落としがちになる」です。

 

簡単に言えば、一か所に集中するあまり、ほかの場所のことを考えられなくなってしまうことがあります。

 

例えば、「まず机を片付ける」と決めたらその机の上に何を置くかを考えて、そのあとに引き出しに何を入れるべきか、どこに配置するべきかを長い間考えてしまいます。

結果として、考えるばかりで行動に移せなければ何も片付きませんし、それこそ「机上の空論」で終わってしまいます・

 

それに、片付けの際に「机」だけに集中することは決して良いことではありません。

もちろん机を片付ける上ではとても重要ですし、まず一か所取り組む場所を決めて手を動かすことは大切です。それでも一度あたりにも目を配って欲しいのです。

 

今、「机にないけれど机に置いた方が良いモノ」もしくは「机にあるけれどほかの場所に置いた方が良いモノ」はありませんか?

 

あくまで机は部屋や空間の一部です。

空間を広く見て、モノの配置を決めたり、片づけを進めていくということは大切なことなのです。

 

3.捨てる行為に抵抗感がある

 

f:id:makolife:20180711111609j:plain

 

3つめの理由は、「捨てる行為に抵抗感がある」ことです。

 

まあ、これに関しては完璧主義者の人だけじゃなくて、多くの人が抵抗感を覚えるものではあると思いますが、完璧主義者の人はこの傾向が強いように思われます。

 

というのも、「一度自分が買ったモノを捨てるということは過去の自分が間違っていた」という思考に陥りがちだからです。

 

確かにお金を払って手にしたモノを結局使わないで捨ててしまうということはもったいないようにも見えますし、残念に思うのも無理はないでしょう。

 

ですが、現在使っていないモノを過去に縛られ囚われて処分できないということはあまり意味のないことです。

 

大切なのは行動できる現在と少しずつ変えていける未来であって、今さらどうにもならない過去ではありません。

 

現在の自分にとって何がベストなのかを中心に据えて考えることで捨てるという行為も今より楽にできるようになるのではないでしょうか。

 

おわりに

 

今回は、「完璧主義と断捨離の相性は悪いかもしれない3つの理由」と題して、完璧主義と断捨離の関係について解説いたしました。

 

基本的には中途半端よりも完璧を貫いた方が良い場面やケースというのは多いでしょう。ですが、時には完璧を目指すあまり手が付けられなかったり、うまくいかないということも起きてしまうのが断捨離の厄介な部分です。

 

まずは実際に手を動かしてみる。

こうした考え方をしてみても良いのではないでしょうか。

 

断捨離やシンプルライフは毎日の積み重ねで成り立つものです。

一日に少しずつでもモノを減らしていけば、一か月後、一年後にモノに悩まされることはなくなっているでしょう。

 

短い時間でできることではないからこそ、早いうちに始めてみませんか?

 

思い立ったが吉日です。まず今あなたの目の前にある部分から片付けてみても良いかもしれませんね。

 

 

それでは、また。

 

最後に読んで参考になったとお感じになられたら、今後の執筆活動を応援いただけますと大変うれしく思います。

みなさまのおかげで毎日少しずつではありますがランキング上位にこのブログが乗り始めました!

どうぞ下のボタンをひとつずつ押して、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ