昨日の暮らしより今日を豊かに

断捨離、シンプルライフ、ライフハック、ライフヒントを発信中。

断捨離に必要な誰でもできる1つのコツを名曲から学ぶ

f:id:makolife:20180702105332j:plain

 

 

こんにちは、まこです。

 

本日は、断捨離に必要なコツについて解説していきます。

 

断捨離を日常に活かす上でのコツとは「1歩進んで2歩下がる」です。

 

私たちはつい、部屋の周りを「使うことのないモノ」や「明らかに必要のないモノ」や「いつか必要になるかもしれないモノ」で埋めてしまいがちです。

 

特に、平日は仕事にでていたり、育児で手いっぱいで土日にまとめて片づけをしようとされる方は平日にまとめて捨てる時間を作りづらく、気がつけばこの前掃除してキレイにしたはずの机やキッチンがごちゃごちゃしてしまっている……という経験も多いと思います。

 

しかし日頃から「1歩進んで2歩下がる」を意識することができれば、簡単に断捨離を進めていくことができるようになります。

 

また、このコツは、ミニマリストや断離を上手く行っている方に通じているマインドでもあります。どうしてこのマインドが役立つのかについて、そしてそもそもこのマインドが何を意味しているのかについてさっそくご紹介していきます。

 

 

 

断捨離の「1歩進んで2歩下がる」とは?

 

「1歩進んで2歩下がる」はみなさんもご存知かもしれませんが「3歩進んで2歩下がる」という歌詞をもじって作られています。

 

水前寺清子さんの昭和の名曲である『三百六十五歩のマーチ』という曲に出てくるこの歌詞には、「幸せは残念ながら向こうからやってくるものではないから、自分の方か幸せを見つけてつかみにいくしかない。そのためには成功と失敗を何度も繰り返して一歩ずつ前に進んで初めて幸せをつかむことができる」という意味が込められています。

 

では、断捨離における「1歩進んで2歩下がる」とはどういった意味を持っているのでしょうか?

 

新しいモノを取り入れる時のルール

 

ぱっと見て、「いやそれだと後ろに進んでるじゃん」と思われることもいらっしゃると思います。

 

この言葉には、「モノを1つ買うときには、持っているモノを2つ断捨離する」という意味が込められています。

 

いわゆる「新しいモノを取り入れる時のルール」としての役割を果たしてくれます。

 

より具体的に言えば、「あなたが何かモノを1つ買って帰ったときには、持っている何か2つを処分する」ということです。

 

断捨離を日頃から実践するコツは、何かを得た分だけそれ以上のモノから離れることです。と言うのも、私たちがアンテナを張って使い続けられるものには限りがあるからなのです。

 

例えば、バッグを新調したとして今までのバッグを使う機会はどうなるでしょうか?

間違いなく新しく手元に置いたバッグを使うようになる分、今まで使っていたバッグを手にする機会は減っていきます。そしてそれだけじゃなく、愛着自体も減ってしまいます。

 

これは既存のモノに対する考え方が希薄してしまっている状態です。

それでいてモノを持ち続けるということは、使わなくなってかつそれほど好きではないモノを持ち続けるということになってしまいます。

 

こうした状況が続くことは決して望ましいものではありません。

なぜなら断捨離の考え方の根本にあるのは、「自分にとって必要で好きなモノだけを周りに残す」という点にあるからです。

 

これはバッグや靴、家電などの買い物に限らず、食料品のような日常の買い物やもらい物にも応用が可能です。

 

新しく買い足す時も、そのあとで消費する習慣があれば、家の中にものが溜まってしまうことはありません。

 

食料品に関しても、セールの時に買い溜めしておくのも一つの手段ではありますが、せっかく買った新鮮な食材を賞味期限ギリギリまで取っておいたり、下手したら期賞味限をきらしてしまうこともあると思います。そしてこれらはとってももったいないことです。

 

だったら、少しお金が高くかかってしまってもその日のうちに食べきれる食材でご飯を作った方が美味しく食べれますし、冷蔵庫の中身もスッキリして気持ちよく過ごすことができます。

 

 

www.lovinglife.space

 

 

もらい物を頂いた時は昔の頂き物を断捨離して、新しいもらい物を堂々と使えるような環境を作ってあげましょう。

 

もしもらい物とのお別れが難しいと感じる方は、以前執筆しました以下の記事を一度読まれることをおすすめします。 

 

では、「1歩進んで2歩下がる」というコツはなぜ断捨離に役立つのでしょうか?

 

なぜこのコツは断捨離に役立つのか?

 

今以上にモノが増えないから このコツを忠実に実践することができれば、モノを増やそうと思うほど今持っているものがスッキリとしていきます。

 

今以上に家にあるものが増えることがないため、あなたが本当に気に入っているモノが必然と残され、好きな「だけ」に囲まれた生活を送ることができます。

 

今あるスペースを最大限に活用することができる

 

持っているモノにも家賃が発生しているという考え方をご存知でしょうか?

 

 

www.lovinglife.space

 

 

今後使う機会が少なく活躍の場面が限られているものは積極的に新しいモノと出会うために断捨離し、その分新しいものを十分なスペースと共に活用することができます。

 

おわりに

「名曲から学ぶ断捨離に必要な誰でもできる1つのコツ」を本日はご紹介しました。

 

モノを持つことは悪いことではありませんが、使わないモノ、必要のないモノを持ち続けてもあまり良いことはありません。

 

そのモノの質はあなたの注いだ愛情次第で変わり、同じようなものをいくつも持たずに1つに絞ることで愛情が注げるようになります。

 

まだ試されたことのない方もぜひ一度、新しいものを手に入れたときに「1歩進んで2歩下がる」を思い出してみてください。

 

では、また。

 

最後に読んで参考になったとお感じになられたら、今後の執筆活動を応援いただけますと大変うれしく思います。

みなさまのおかげで毎日少しずつではありますがランキング上位にこのブログが乗り始めました!

どうぞ下のボタンをひとつずつ押して、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ