昨日の暮らしより今日を豊かに

断捨離、シンプルライフ、ライフハック、ライフヒントを発信中。

断捨離を毎日続けられるように。第5弾「いらないモノを1つずつ」

 

f:id:makolife:20180705164428j:plain

 

こんにちは、まこです。

 

さて今回も、5記事連続で、断捨離や捨てるということに慣れていなかったり躊躇いをおぼえてしまう人でも普段の片付けの延長線上でできる断捨離シリーズ(←どう考えても長い)第5弾をご紹介したいと思います。

 

今までの過去4回は、「机の上」「キッチン」「リビング」「寝室」と場所を軸として取り上げきましたが、今回の第5弾はモノベースに考えていく回にしたいと思います。

 

正直捨てるのが苦手だという人でもモチベーションさえあれば取り掛かることのできる範囲のモノをお伝えしていくつもりです!

 

この記事をきっかけにして断捨離をしてみようかなと思っていただければ幸いです。

 

では、さっそく一緒に見ていきましょう!

 

 

不用品を断捨離するということ

 

断捨離とは、単に「モノを捨てる」という考え方ではありません。

 

自分にとって大切なモノと大切じゃないモノ。

自分にとって必要なモノといらないモノ。

自分にとって好きなモノと好きじゃないモノ。

 

これらを見極めて、自分の周りのモノを「大切で必要で好きなモノ」にしていくことが断捨離の目標です。

 

その過程に「大切じゃなくていらなくて好きじゃないモノ」を手放していく=捨てていくという行為があるわけです。

 

そこで、まず「大切じゃなくていらなくて好きじゃないモノ」を捨てていくという点に着目してモノを減らしていく、片づけられるようなアイディアを共有していきます。

 

なかなかモノを捨てられなくて悩んでいるという方は、次のリストに沿ってためしに断捨離を始めてみて頂ければと思います。

 

 

1.服を1着

 

f:id:makolife:20180705164546j:plain

 

手始めにクローゼットやタンスのなかにある服を一着だけ処分してみましょう。

そのまま捨てても良いですし、古着屋に持って行っても、寄付しても問題はありません。Tシャツとかだったら小さく切って使い捨て可能な掃除用品に代用しても良いです。

とにかく1着だけ服を捨てたという成果を作りましょう。

断捨離を長続きさせるためには成果とそれに対する達成感が重要です。今までなかなかモノを捨てることができなかった人が一着でも服を「捨てた」という一歩がとても大切なのです。

千里の道も一歩から。まずは服から始めてみましょう。

 

ちなみにどうして服なのかというと、みなさんのお家に必ず何枚もあるモノで、かつ絶対と言って良いほどいらないモノがあるからです。

 

古くなって破れかけていたり擦り切れていたり、サイズが合わなくなっているけど取っておいてあるモノがきっとあるはずです。その中から特にもう使わないなと思った1着を勇気をもって処分しましょう。この記事を読んでくれているあなたならきっとできるはずです。

 

応用編はこちら。

www.lovinglife.space

 

 

2.本を1冊

 

f:id:makolife:20180705164645j:plain

 

服が捨てられたら次は本を1冊処分してみましょう。

文庫でも漫画でも雑誌でも、学生や最近まで学生だった人は参考書や教科書でも構いません。まずは1冊だけ捨ててみましょう。古本屋に持って行ってももちろん良いです。

 

本は捨てられる人と、捨てられない人に綺麗に分かれるモノです。本を捨てることに躊躇いをおぼえる人は多いそうです。

 

ただし本を置ける場所というのは限られています。特に紙類はやはりちりも積もれば山となるように多くなればなるほど場所がどんどん失われてしまいます。

 

本好きの人で新しい本を結構な頻度で買うという人は新しい本を迎え入れるためにもまずは1冊読み終わった本やいらなくなった本を処分してみましょう。

 

www.lovinglife.space

 

 

3.靴を1足

f:id:makolife:20180705164740j:plain

 

 

本が捨てられたら今度は玄関に行って、靴を1足捨ててみましょう。

もう履きつぶしてすっかり履かなくなってしまった靴や買ったはいいものの合う服がなくて履くことのない靴や季節もので買ったけど結局使わなかった靴を1足捨ててみましょう。

 

靴はあまりにたくさんの靴を持っていてもなかなか履く機会がありません。それでいて玄関や靴箱のスペースを使ってしまいます。

 

見た目的にもすっきりしますのでまず1足選んでいらない靴を捨ててみましょう。

 

4.ゴミ箱を1つ

 

f:id:makolife:20180705164833j:plain

ゴミ箱がお家の中のいろいろな部屋にある人はそのうちの1つを片付けてしまいましょう。ゴミ箱が各部屋にあることは便利ではあるのですが、すべてのゴミ箱を管理することは意外と手間です。それにゴミ箱があることで逆にゴミが増えるということもあります。

 

たとえば、ゴミ箱があるからその部屋でお菓子を食べることもあります。気軽に、手軽に捨てられる環境だからこそゴミが生まれやすいという一面もあるのです。

 

たとえば、一番使っていない部屋のゴミ箱を撤去してみましょう。

 

 

5.メールを1件

 

f:id:makolife:20180705164916j:plain

メルマガなどのお知らせを登録している人は見もしないメールが大量に届いて受信メール箱がいっぱいということもあると思います。

 

こうなっていると大事な連絡が来た時に見逃しがちです(最近はメールで連絡を取ること自体プライベートでは減っているかもしれませんが)。

 

まずは1件いらないメールを削除してみましょう。

 

 

おわりに

 

「断捨離を今日から始めてみる第5弾「いらないモノを1つずつ」」と題して、片付けの延長線上で始められる断捨離についてモノベースでご紹介いたしました。

 

最初はなかなか捨てるということに躊躇いをおぼえてしまいますが、少しでもその懸念がわかないところから手を付けていくということがおススメです。

まずはできる範囲から少しずつ始めることがが肝心です。一緒に頑張っていきましょう!

 

それでは、また。

 

最後に読んで参考になったとお感じになられたら、今後の執筆活動を応援いただけますと大変うれしく思います。

みなさまのおかげで毎日少しずつではありますがランキング上位にこのブログが乗り始めました!

どうぞ下のボタンをひとつずつ押して、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ