昨日の暮らしより今日を豊かに

断捨離、シンプルライフ、ライフハック、ライフヒントを発信中。

断捨離を毎日続けられるように。第4弾「寝室」

 

f:id:makolife:20180705121527j:plain

 

こんにちは、まこです。

 

さて今回も、前回に引き続き、断捨離や捨てるということに慣れていなかったり躊躇いをおぼえてしまう人でも普段の片付けの延長線上でできる断捨離シリーズ(←どうしても長い)第4弾をご紹介したいと思います。

 

今までに、「机の上」「キッチン」「リビング」を取り上げきましたが、今回の第4弾は「寝室」を取り上げていきます!

 

では、さっそく一緒に見ていきましょう。

 

 

寝室を片付けることによるメリット

 

せっかく片付けの延長線で断捨離に取り組むのであれば何かしら良い影響を生みたいと考えるのは自然なことだと思います。

 

そこで、寝室を片付ける、寝室を断捨離することのメリットが何なのかについてを最初に解説していきたいと思います。

 

私が考える以下のメリットは2つです。

 

  1. 安眠
  2. 安全

 

1.安眠

寝室の環境を整えることで安眠、つまり質の高い睡眠をとれるようになると考えます。寝室とは寝るときはもちろん寝る直前に身を置く部屋でもあります。

寝る前にごちゃごちゃとした風景を視界に映してしまえば、ベッドやお布団に身を潜らせてからもごちゃごちゃとした風景がそのまま思考に移ってしまいがちです。

 

つまり、視覚的ノイズが安眠の邪魔をしてしまうのです。

だからこそ、ノイズの原因となっている

 

2.安全

つい最近大阪で地震がありましたよね(この度被災されました方に対しては心よりお見舞い申し上げます。被害の軽微なることと、速やかなご復興をひたすら祈念いたします)

 

残念ながら日本に住む以上はいつ地震に見舞われるか分かりませんがいつきてもおかしくない状況であることはみなさま承知のことと思います。

 

もし、寝ているときに大地震に襲われたらどうでしょうか。

部屋が片付いていなければ寝ているうちに棚が倒れてきたりいらないモノが寝ているあなたにぶつかってくるかもしれません。

運良くぶつからなくても逃げる時に逃げ道をふさぐようにモノが散らばっている可能性だってあります。

地震に備えるために、部屋(寝室)を片付けるというのも十分に対策になるのではないでしょうか。あなたの安全を一番に守れるのはあなた自身です。

 

続いて、寝室にあるモノで断捨離できるものについてお話していきます!

 

1.書籍や雑誌

f:id:makolife:20180615173455j:plain

寝る前に本を読んでから眠りにつくという人は一定数いると思います。とても素晴らしい趣味だと思います(ちなみに私も読みます笑)

 

ですが、枕元に何冊も本が積まれていたりはしませんか?

 

基本的に寝る前に読める本は一冊だと思います。何冊も積んどいたところで結局読めるのはそのうちの一冊です。

 

だったら、ちゃんんと然るべき棚に本を置いてあげませんか?

床や枕元に本を積んでおくとどうしても埃をかぶりやすいです。あなたの睡眠環境の低下にもつながりますので置いておく本は最高で一冊にとどめておきましょう。

 

2.使っていない寝具

f:id:makolife:20180705121920j:plain

 

寝室に必ずあるモノと言えば、寝具ですね。

シーツや毛布、タオルケット。枕や枕カバーとたくさんの寝具があります。

その中でもう使っていないモノはありませんか?

 

 

もしくは冬用の毛布が7月になった今でも出しっぱなしになっているとか。

 

基本的に使わないモノは捨てる。今使わないけどシーズンによっては使うモノに関してはしまうを徹底することが断捨離を効果的に行う第一歩です。

 

「いやいやそんな使わない寝具なんてないよ」って思われる方もいらっしゃるでしょう。そんな方に一つ質問です。

 

「来客用に布団一式があまっていたりはしませんか?」

 

意外と使っていない布団というのはお家にあるモノです。はたして本当にそのストックされている布団を使う機会があるのかどうかいまいちど考えてみてください。

 

3.スマートフォン

 

f:id:makolife:20180618103529j:plain

「これは捨ててください」ではなく「持ち込まない方が良いでしょう」という意味です。寝る前にスマートフォンの液晶を見ていると睡眠の質が低下するという話は広く言われています。

いわゆるブルーライトが身体に与える影響ですね。

もちろんスマートフォンを目覚まし時計の代わりに使っている方もいると思うので、その場合はなるべく事前に目覚ましをセットしておいて寝る直前にいちいちセットし直すということは避けた方が質の良い睡眠をとれるはずです。

 

4.快眠グッズ

 

f:id:makolife:20180705121750j:plain

 

寝室にアロマなどの快眠グッズを置いている人もいらっしゃると思います。

 

「え?何がダメなの?」

 

そうですよね。安眠が大事だって言っているのに、安眠の道具を捨てろと言われればそれはそう思うに決まっています。

 

ここで意識してほしいのは、快眠グッズを使えば快眠できるだろうという依存心です。

 

少し言い方は酷になってしまいますが、快眠グッズを使っていれば快眠できるだろうという気持ちに甘えて睡眠時間の確保を疎かにしてはいませんか?

 

睡眠不足を快眠グッズで補うには限界があります。やはり人間寝ないとどうにもならないことも多いのです(なかにはショートスリーパーでびっくりするくらい短い時間の睡眠で高い成果をおさめられる人もいますがひとにぎりです……)。

 

まずは自分の習慣を見直してはみませんか?

 

日頃無駄に時間をかけているものだったりを見つめて、時短をしてみる。

それで余った時間を睡眠あててみるところから始める。

 

 

そのためにも決意表明として快眠グッズを断捨離してみる。

行動が人を作ることも十分にあると思いますので、まずはやってみるというのもひとつの手だと思います。

 

おわりに

 「断捨離を今日から始めてみる第4弾「寝室」」と題して、片付けの延長線上で始められる寝室の断捨離についてご紹介いたしました。

 

ひたすら繰り返しにはなりますが、最初から本格的に始めようとしても断捨離を続けるということはなかなか難しいものがあります。

まずはできる範囲から少しずつ始めることがが肝心です。

私も引き続き第5弾も書いていきますのでどうぞお楽しみに!

 

それでは、また。

 

最後に読んで参考になったとお感じになられたら、今後の執筆活動を応援いただけますと大変うれしく思います。

みなさまのおかげで毎日少しずつではありますがランキング上位にこのブログが乗り始めました!

どうぞ下のボタンをひとつずつ押して、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ